日本保険・年金リスク学会とは

日本保険・年金リスク学会(ジャリップ)は、広い意味での保険市場、保険リスク、リスクファイナンス、保険ビジネス・リスクマネジメント、保険リスクプライシングや、保険デリバティブ、年金リスクマネジメント、年金運用、などとその経済的・金融的意思決定に関わる理論的・実証的領域を研究対象とし、産官学にわたる多くの領域の研究者・分析者が自由闊達な意見交換、情報交換、研究交流および研究発表するための学術組織とする。その狙いは、会員がそれぞれの立場から個人ベースでリベラルな相互交流できる場を形成し、それを通じてこの領域を学術的領域として一層発展させ、国際水準に高めることにある。

03/16 JARIPフォーラム2019のご案内

  詳細ご案内 pdf PDF  会員限定資料 (zip圧縮 75.9MB)
日時 2019年 3月16日(土) 12:30-17:30
  終了後 懇親会予定
場所 日本大学文理学部 世田谷キャンパス 百周年記念館国際会議場
  (キャンパスマップ) 東京都世田谷区桜上水3-25-40
   
当日参加


フォームによる事前の参加申込は終了しましたが、まだお席に余裕はございます。参加を希望される方は当日直接会場にお越しください。(懇親会は当日申込不可となります)
   
医療介護の一体改革とデータサイエンスの役割
講演者


権丈 善一 氏(慶応義塾大学商学部教授)
「データによる制御機構の構築 ―医療機能別病床数の推計から医師偏在指標作成までの意味」
  長谷川 敏彦 氏(未来医療研究機構代表理事)
「21世紀の新医学体系の構想 ―市区町村医療介護保険データ統合による医療ビッグデータを用いて」
  西岡 隆 氏(厚生労働省年金局企業年金・個人年金基金数理室長)
「地域包括ケアの構築と医療福祉ICT基盤の活用 ~大分県臼杵市の事例より~」
  岩崎 浩介 氏(ミリマン・ディレクター、日本におけるヘルスケア部門およびデータ分析部門)
「介入効果測定のgood, bad, ugly」
  菅原 慎矢 氏(東京理科大学経営学部講師)
「介護保険サービスの経済実証分析」
パネリスト
諏訪 徹 氏(日本大学文理学部社会福祉学科教授)
モデレーター 田中 周二 氏(日本大学文理学部数学科教授)
   
参加費
領収書






・個人会員・学生会員・法人会員(3名まで):無料
・非会員(+法人会員の4名めから):2,000円
・懇親会費:3,000円(参加任意。3/8金の正午以降キャンセル不可)
・参加費、懇親会費: 当日会場受付にてお支払い下さい。
(お釣りの無いようにご用意いただければ幸いです)

 

最新情報

02/19 JARIPフォーラム2019のご案内

会員限定 表示は、JARIP会員にのみ閲覧を供するアクセス制限ファイルです。
ユーザ名とパスワードが不明の方は学会事務局へお問合せください。

更新履歴

非会員の皆様へ

当学会では、非会員の方々向けにメーリングリストを設けております。会員に告知している我々の活動や研修会等の情報を、一般にも広く配信することにより、多くの方々にご賛同、ご参加頂けることを意図したものです。
登録ご希望の方は以下の内容を記し、メールもしくはFAXにて学会事務局へ送信下さい。

・件名 非会員メール配信希望
・お名前
・メールアドレス(※勧誘等は致しません。)

※これは会員登録ではございません。正規の会員登録は左側メニューの「入会のご案内」登録ページからお願いします。

   
  logo